第33回 「文化人類学との出会い③」

文化人類学教室に足繁く通い、書庫の本を乱読するようになって数か月が経っても、この学問を修めるために進学すべきかどうか、私はまだ迷い続けていた。そんな私に配慮してくださったのか、研究室の先生方から、夏休みに大学院と学部が合同で実施する調査実…

第32回 「文化人類学との出会い②」

文化人類学研究室 来日して2年が経った頃、内モンゴルの文化を研究していた大学院生松本康子さんとの出会いをきっかけに、文化人類学という学問を知った。松本さんはちょうど進学か就職か悩んでいた私の話を聞いて、自身の指導教官である鹿野勝彦先生を紹介…

第31回 「文化人類学との出会い①」

文化人類学との出会い 金沢での暮らしも3年目を迎えた1995年の春、来日当初からアルバイトをさせてもらっていた広東料理店「点心之家」が、市内に姉妹店をオープンすることになった。当時の金沢では珍しく飲茶メニューが充実しており、昼の時間帯には「飲茶…

第30回 コラム「時代と変化」

「終焉」 私は平成4年に来日した。そして平成31年の今、平成は間もなく幕を閉じようとしている。日本で初めての留学生活は平成時代に始まり、日本人から勉強や暮らしのことなど色々と教わりながら、自分自身について、世界や日本について、あれやこれやと私…

第29回 「日本からみた“20世紀”」

社会主義との再会 鹿島先生の大学院ゼミを通じて国際関係論に興味を抱くようになった私は、まずは基礎的な知識を養うため初学者向けのテキストを使った自習を始めたほか、学部生向けの講義にも出てみようと考えた。関連する講義はいくつかあったが、中国から…

第28回 「研修生としての体験」 

日本語の壁、学問の壁 1年間の日本語クラスを修了したのち、私は修士研究生として金沢大学法学部に所属することになった。授業が行われるのは金沢市郊外に建つ角間キャンパスで、菊川町にあるアパートからは自転車で小1時間の距離だった。キャンパスは山の…

第27回 「金沢で暮らしはじめて」

「点心之家」 毎朝自転車に乗って新聞を配りまわっていたおかげで、金沢で暮らしはじめてひと月も経つ頃には市内の土地勘がつき、新しい生活環境にもすんなりと馴染むことができたように思う。それだけでなく、安定した収入を得ることができたおかげで学費を…

第26回 「ついに、日本へ」

日本へ 改革開放の到来とともに、外国との交流は技術、芸術、思想、そして娯楽などあらゆる領域で進展していった。海外留学は都会の若者たちの憧れの的だったが、1980年代の終わり頃までは、ごく一握りの秀才か官僚の子息だけが手にすることができる贅沢な切…

第25回 「大きな“壁”を前に」

“天安門事件”が象徴するように、1989年は民主化運動と政府による取締まり、そして沈静化という激動の1年だった。フフホトでも内モンゴル大学、内モンゴル師範大学や内モンゴル牧畜大学に通う学生たちが中心となって北京の学生運動を支援したり、内モンゴル…

第24回 「仕事」

教壇に立つこと 大学卒業後には北京で就職することもできたが、大都会での暮らしには少し疲れていたし、やはり故郷に戻りたいという気持ちが決め手になり、結局は内モンゴルで働くことにした。当時の中国では、高等教育を受けた若者の就職先は政府機関によっ…

第23回 法治への道③「卒業」

故郷への自転車旅行 フランス語の女性教師ボワ先生は、しばしば学生寮に遊びにきてくれた。私も先生と安いビールを飲みながら他愛もない話をするのが大好きだった。ボワ先生の趣味は自転車旅行で、夏休みや冬休みの度に恋人と一緒に中国の色々な地域を旅して…

第22回 法治への道②「学問と読書」

大学3年目の春学期、新たに制定された民法(“民法通則”)*1と刑法“行政訴訟法”に関する特別講座を聴講したことがあった。大学の教員ではなく実務に携わる講師を招聘して開かれた講義だったため、実践的な内容には大いに刺激を受けた。それまでの授業で法律…

第21回 法治への道①「期待と疑問」

歴史遺産と法治への期待 1982年12月4日、中国では社会主義にもとづく憲法として4度目の憲法*1が施行された。新しい憲法では、大躍進や文化大革命というイデオロギー主導の政治運動がもたらした多くの不幸への反省から、法治理念に則った政府の設立、非暴力…

第20回  コラム②「三大作家」の作品から

本連載第10回に掲載したコラムでは、「本と出会う場所」と題して本屋と図書館にまつわる経験を紹介させていただいた。今回のコラムでは、シリンホトで勤務していた図書館ではじめて漢語訳版に出会い、その後日本語も含め複数の言語でも読み返した3人の作家―…

第19回 日本への憧れ②「邦画とドラマ、アニメ」

改革開放が軌道に乗りはじめた1980年代も半ばになると、海外の映画や音楽が市井の人々の手元にまで届くようになった。とりわけ若い世代はこれを歓迎し、生活に彩りを添える娯楽としてだけでなく、新たな時代に向けて自由な発想を刺激する糧として受け入れた…

第18回 日本への憧れ①「中江兆民と福澤諭吉」

北京での学生生活 友人や先輩たち、そして母の応援に支えられて挫けることなく大学受験を突破し、いよいよ北京での学生生活が始まった。いうまでもなく北京は中国の首都であり、内モンゴルから上京してきた私からすれば見たこともない大都会ではあったが、19…

第17回 受験勉強③「歩むべき道」

マルクス、エンゲルスとの再会 母が語るところによると、亡き父は大変な読書家だった。家にあった古い本棚も、かつては古今東西の本で埋め尽くされていたのだという。しかし、文化大革命の時代に反革命運動に関与したとみなされたため(連載第2回参照)、そ…

第16回  受験勉強②「憧れと挫折、そして・・・」

狭き門へ 大学受験を目指し始めて約1年が過ぎた。私はようやく中学生用の教材を一通り学び終え、いよいよ受験勉強の本丸ともいうべき高校の学習内容にとりかかりはじめていた。春節を少し過ぎたある日、ひと足先に受験を突破して内モンゴル師範大学のモンゴ…

第15回  受験勉強①「決意」

新たな道へ 1980年の冬のある日のこと、高校に通っていたシンバイル君が久しぶりに遊びにきてくれた。大学入試向けの模擬試験を持ってきていて、私にもぜひ試しにやってみてほしいという。科目は国語で、文法と文学史の知識を問う問題、古文読解のほか、小論…

第14回 「私はモンゴル人である」

馬頭琴物語 図書館で働き始めて1年が過ぎた。閲覧室での仕事はだいぶ板についてきたのだが、夏にさしかかる頃からどこか身体の調子が思わしくなかった。結核を患ったことがあった私は大事をとり、2週間の休暇をもらってシリンホト郊外の牧場で静養すること…

第13回  図書館③「私はモンゴル人だった」

モンゴル語との再会 昼は図書館の閲覧室で働き、夜は「秘密の階段」を通って誰もいない書庫で読書を楽しむ日々が続いていた。閲覧室での仕事を教わっていたオルナーさんが、ある日モンゴル語で書かれた1冊の本を勧めてくれた。『ホホ・ソタル(青史)』とい…

第12回 図書館②「秘密の階段」

秘密の階段 芸術学校を卒業してシリンホトの図書館に就職した私は、夜になるとしばしばトイレの小窓から館内の雑誌閲覧室に忍び込み、明け方まで読書に没頭していた。ある晩のこと、少し眠くなって横になろうと思っていたところで、あつらえむきに新聞紙が敷…

第11回 図書館①「活字に飢えた人たち」

就職 1979年の夏、舞踏の発表会を無事に終えた私は、芸術学校からの卒業を目前にしていた。読み書きを覚え、本を読む楽しみや知識を得る喜びを知ってからは、もっと勉強を続けたいという気持ちが芽生えていた。しかし、シンバイル君など友人たちの受験に向け…

第10回 コラム①「本と出会う場所」

これまで本連載では私の少年時代を振り返ってきたが、今回は続きをいったんお休みし、本屋と図書館にまつわる本と思い出をいくつかご紹介したい。読者のみなさんに伝えたいこと、読んでもらいたい本が山ほどあって、本編だけではとてもお話しきれないからだ…

第9回 本との出会い④「小説から学んだこと」

▼前回の記事はこちらです 不安と希望 芸術学校の卒業を間近に控えるなか結核を患った私は、病室で隣り合わせた張さんから読み書きを教えてもらいながら入院生活を送った。当時は貴重だった輸入薬を処方してもらえたことで、病は順調に快方に向かっていた。張…

第8回 本との出会い③「読み書きを教えてくれた人」

▼前回の記事はこちらです 卒業制作 スタンダールの『赤と黒』と、張揚の『二回目の握手』。友人たちの朗読を通じて出会った小説はいずれも私を魅了し、世の中について考えるきっかけをくれた。ところが、週に1度の読書会を楽しみにどうにかやり過ごしてはい…

第7回  本との出会い②「朗読」

▼前回の記事はこちらです 『赤と黒』 1978年の秋、フフホトでの生活も3年目を迎えた。相変わらず読み書きは身につかないままだったが、幸いなことに友人に恵まれ、彼らの助けを借りてなんとか落伍することなく芸術学校に通い続けていた。とくに仲が良かった…

第6回 本との出会い①「街での暮らし」

束の間の母との暮らし 子ども時代を過ごした草原を後にした私は、シリンホトの街に住む母のもとで暮らしはじめた。本連載第2回で詳しく書いたように、私は乳飲み子の頃に政治的混乱に巻き込まれることを避けるため草原へと送られ、そのときから母とは離れば…

第5回 文盲に生きた時代④「草原との別れ、祖父母との別れ」

ウマのフフシンヘール 文化大革命がなお続いていた当時、放牧などの生産活動に必要な主だった道具や家畜は、人民公社ないし生産隊ごとに共同で管理されていた。私が暮らしていた地域でも、ウマの管理は政治的な“身分”のよい人のなかから選ばれた管理職員が担…

第4回 文盲に生きた時代③「遊牧の日々がつなぐ人と自然」後篇

ツァガンサル(お正月) これまでにも述べたように、1960年代から70年代にかけての中国では、物資に乏しく貧しい時代が続いていた。全国でたくさんの人々が栄養不良に陥り、飢えて死んでいく人も絶えなかった。そんな時代にありながら、私が暮らしていたトゥ…

Copyright © 2018 KOUBUNDOU Publishers Inc.All Rights Reserved.